世界中の情報が日本で手に入る時代



sfd7FXと言えば国内の会社ばかりが目立っていますが、海外のハイロー取引を扱う会社も日本国内でサービス展開をしていることはご存知でしょうか。

金融の世界はグローバル化されてリアルタイムで世界中の情報が日本で手に入るのと同じように国を超えた金融取引も可能になっているのです。その一つが「海外FX会社」ということになります。ですが海外と聞くだけで不安を感じる人も確かにいます。その人たちが感じる不安の一つが「海外の会社は信用できない」と不確定な部分を上げる人が多いです。ですからその不確定な部分を解消していきます。

FX外資系企業であっても通常は本社があります。多いのがアメリカとイギリスです。他にも税金の安い国に本社を置いている国もありますが、大抵はこの二つが占めます。アメリカもイギリスも法律はしっかりとした国であり、さらには金融に関しては日本よりも歴史が長く、制度もしっかりしている国です。

ですから法律的な不安は少ないです。少なくとも得体のしれない国ということはありませんから、あとは法律の違いを理解する必要があるくらいです。日本には信用保証と呼ばれる法律があります。これは「破産した時に預金を全額保証してくれる制度」であり、日本のFX会社ならばどれも信用保証に入っていますから破産後の預金保証は安心です。

しかし、先にも言ったように海外の場合は日本の法律が適用されないわけですから、信用保証していない会社も存在します。ですから海外FX会社を選ぶ際は「信用保証」という単語を覚えておくと良いでしょう。そして不安に感じるもう一つの点が「日本語対応」についてです。海外FX会社は先にも言ったようにアメリカやイギリスの会社ですから「英語」が主流になります。

ただしそれはその国が英語圏であるからであり、何よりもサービスを提供する側が「英語が理解できない人は取引できません」などというはずがありません。もちろん日本語対応スタッフは配備されていますし、サイト内も日本語で書かれているはずです。

しかし、中には英語だらけで書かれているサイトの会社も存在しますからそこは事前に調べてサイト内を見て回り、取引する上で問題ないくらいの状態かどうか確かめることは絶対条件です。

有名どころでは国内FX会社と変わりないサービスを受けることが出来ますが、それでも国内よりも優れている点ももちろん存在します。それが高レバレッジです。海外は日本の法律適用外と言いましたが、国内は25倍のレバレッジ上限が設けられていますが海外FX会社は100倍以上のレバレッジをかけられるところがほとんどです。

それなりにFXに慣れてきた人ならばレバレッジが低いというのは辛い所がありますが、海外ならばより自由に取引ができるということで口座開設をしている人が大勢います。もちろんFXのリスクは常に存在しますからそのことを忘れずに利用することが国内、海外関係なく重要なことです。